補償内容が同じでも保険料に差が付くから比較したい自動車保険

自動車保険は加入は任意ですが、必ず入らなければならない自賠責保険ではカバーしきれない相手方の人身損害を補償してくれ、ご自身の死傷や車の損害、他人の車や財物を壊した際の対物損害も補償してくれる頼もしい存在です。

万が一の加害事故やもらい事故、自損事故に備えるなら、対人賠償と対物賠償は無制限補償、人身傷害や搭乗者傷害などご自身のお車に乗る方の補償も大きめに設定し、お車の状態や貯金額などに応じて車両保険にも加入しておきたいところです。


もっとも、同じ補償内容や同額の保険金
額を設定したとしても、保険会社ごとに保険料が大きく異なることがありますので、複数の会社から見積もりをとって比較検討することが大切になります。

まず、大きく代理店契約なのか通販型なのかで保険料に差が出ます。

人件費や販売手数料などが発生する代理店契約は、保険会社が直接、利用者に販売できる通販型より保険料が高くなっています
一方、通販型でも保険会社ごとに様々な割引や特典を設
けているため、保険料に差がでます。

たとえば、インターネットから申し込みをすると1000円オフという会社もあれば、1万円オフという会社、早期申込での割引や期間限定のキャンペーンなども実施されているので、しっかりと比較を行いましょう。


絶対に損をしない引越し業者の選び方

自動車保険は強制保険と任意保険の2種類に分類される

自動車保険と一言でいっても、その種類は大きく分けてふたつあります。

それは、自賠責保険と任意保険という分類です
このうち自賠責保険
は国が法律で加入を義務付けている保険で、公道を走るのであれば乗用車だけではなく二輪車や原動機付自転車も契約しなくてはなりません。

そのため、強制保険として知られている保険です。


国が法律を作って自
賠責保険の制度を定めたのには、交通事故の被害者になってしまった人が最低ラインの救済を受けられるという目的があります。

そのため自賠責保険での補償の範囲は人身損害賠償のみで、物損の補償や自分の車についての補償は一切ありません。

また人身損害賠償補償についても、支払われる金額に限度が決まっています。

自賠責保険は強制保険なので、自賠責に契約しないと車や自動二輪車、原動機付自転車を買ったりナンバープレートを交付してもらうことができません
また、車検のタイミングで必ず自賠責保険の更新手続きがされるようになっています。

車検がない二輪車や原動機付自転車では、注意していないと自賠責保険が満期切れになってしまうことがあり、そのままで走行すると懲罰の対象になります
全ての車に契約の義務がある自賠責保険は国で定めた制度なので、代理店として取り扱う損保会社のうちどこの会社で契約手続きをしても保険料・補償内容ともに同一です。

このように自賠責保険には必ず契約することになっていますが、自動車保険としては自賠責保険に契約しているから安心というわけにはいきません。


それは、車を運転中に事故を起こしてしまえば、人身損
害だけではなく相手の方の車はじめ所有物を壊してしまうこともあり物損補償の付いていない自賠責保険ではカバーできないからです。


それに、人身事故であっても事故の内
容次第では自賠責保険の範囲内では補償が不足することも十分考えられるからです。


そこで、自賠責保険では不足する
補償を上乗せするために契約するのが自動車任意保険です。

任意の自動車保険では、対人賠償補償に加えて対物賠償補償や自分の車の補償、運転者はじめ車内にいた人の人身補償なども得ることができます。

自賠責保険とは異なり、任意保険については契約するかどうかは自由で、制度についても、それぞれの損害保険会社が独自に開発して販売しているものですから補償される内容や保険料などはそれぞれです
自動車保険における
自賠責は保険と任意保険の位置づけは、二階建ての建物によく例えられます。


自賠責保
険が建物の1階部分で基礎にあたり、1階に上積みする形で任意保険に契約して補償を手厚くするというイメージです。


自賠責保険の補償内容が人身損
害賠償のみであるのに対して、任意保険ではいろいろな補償を組み合わせて契約することができます。

任意保険の補償の柱は、何と言っても対人賠償補償と対物賠償補償で、最近では対人・対物ともに無制限補償が主流です。

対物賠償補償は交通事故を起こして相手の持ち物を壊してしまった場合の保険ですが、事故の相手がタクシーなどの営業車両であった場合にはその事故が原因で営業できない期間の休業補償なども対物賠償補償で賄われます
また任意保険には、自分サイドの車に乗っていた人つまり運転者と同乗者の傷害補償も付いています。

さらに無保険車障害保険も自賠責保険にはない制度で、交通事故の相手が任意保険に契約していない、あるいは十分な保険に契約していないケースで自分の保険を代わりに使って補償を受けることができます。

さらに任意保険には、自分の車の補償のために契約する保険があります。

これが車両保険で、契約するタイプによっては自然災害や盗難、いたずらなど広範囲における自分の車の損害が補償されます
このように、自動車
保険の種類は自賠責保険と任意保険に大別され、任意保険の中にはいろいろな種類の保険があってニーズやリスクに合わせて組み合わせて契約することができます。

自動車保険の更新